乳首の黒ずみに効く成分

黒ずみ

 

乳首の黒ずみって、普段人に見られない部分だけど気になりますよね。また、温泉など行くことになった時、行くのが憂鬱になってしまう原因になったり。乳首の黒ずみはシミなどと同じメラニンによるもの。肌を刺激や紫外線から守ってくれるなくてはならない物質です。しかし、誰だって乳首は黒いより淡いピンク色がいい!今回はそんな黒ずんだ乳首を綺麗にしてくれる成分を紹介します。

 

【1.ハイドロキノン】

 

ハイドロキノンには、黒ずみの原因となるメラニン色素を作り出すメラノサイトの働きを抑制し、メラニンの産生を抑える働きがあります。その効果の高さから『肌の漂白剤・美白剤』とも言われます。ただし、ハイドロキノンは強い薬です。濃度が高ければ高いほど美白の効果もより強くなる反面、肌がかぶれたり赤みが出たり、白斑が出来てしまう恐れもあります。また、使用する際にはパッチテストや紫外線対策をするなどといった注意点がある成分です。

 

【2.トレチノイン】

 

トレチノインとはビタミンAの誘導体です。このトレチノインは、誰でも血液中にごく微量流れているものなので、アレルギー反応を起こすことはなく安心です。 皮膚のターンオーバーを促してくれるので、色素沈着を防ぐことが期待されます。また、先に紹介したハイドロキノンと併用することで美白効果が高まります。

 

いかがでしたか。確かに黒ずみを消す効果はあるようですが、使用するには注意が必要です。体質やお肌の強さにも個人差があるので、市販品を試すより皮膚科医などのもとで治療を行う方が安心・安全だと言えるでしょう。