乾燥を防いで黒ずみ予防。

黒ずみ
乳首の黒ずみは、かゆくて掻いてしまうことが原因の一つと考えられます。私も冬になると、乾燥してくるため、乳首の猛烈なかゆみを覚えることがよくありました。そんなときは、気のすむまで掻いてしまっていました。そうこうしているうちに、お風呂上りに鏡を見て、ふと気が付きました。乳首が黒々としていたのです。「私の乳首、黒ずんでしまっているのではないか」と不安になりました。もともと、アトピー性皮膚炎で、一年中体がかゆくて掻いてしまっている個所の皮膚が、黒ずんでしまっていて、悩んでいました。その箇所の黒ずみは、かゆみを防ぐことでだんだんと薄くなっていったのを思い出しました。「乳首の黒ずみも、この方法で解決できるかもしれない」と思いました。お医者さんがよくいうように、かゆみの原因の一つは、乾燥です。まずは、乾燥を防ぐために、普段乾燥予防に体中に使っているワセリンを乳首に塗りこみました。沁みたらどうしようと不安でしたが、沁みることはなく、かえって乳首にうるおいが出ました。毎日朝晩乾燥予防に、乳首にワセリンを塗りこんでいったところ、かゆみを覚えてどうしようもなくなるということはなくなりました。「やっぱり、かゆみの原因は、乾燥だったのだな」と実感しました。ワセリンで乳首の乾燥を防いでかゆみを予防するようになって2か月ほど経ったころに、ふとお風呂上りに鏡を見てみると、乳首の黒ずみが薄くなっているように感じました。乾燥を防いでかゆみを起こさせないことが、黒ずみをつくらないことにつながるのだなと実感しました。